So-net無料ブログ作成
検索選択

琢磨≒マンセル [Car]

フォーメーションラップの最後でエンジンカットオフスイッチを誤操作してしまったとの事・・・
チーム上層部、ホンダからこっぴどく叱られることを祈ります。

そして、同じ過ちを繰り返さぬよう・・・

マンセルは'91カナダの最終周にトップを走行中に余裕かまして観客に手を振っていて
エンジンをカットしてしまいましたが、琢磨はフォーメーションラップ中・・・

似て非なるものですよねぇ。琢磨には期待してるんだけどなぁ


エンブレム2 [Car]

エンブレム
 リアが殺風景なので、CF4の"SiR-T"の
 エンブレムを流用しています。

前に書いたエンブレム記事で湯葉サンが
「InTEGRAエンブレム」を保有しているというコメントがあったので
それに託けて新記事です。

前愛車DA6インテグラに装着していたエンブレムです。
本来であればInTEGRAという車名もXSiというグレードもデカール
ステッカー)で表示されていたのですが、流石に経年劣化で端の方から
剥げ落ちてきていてみすぼらしかったのでエンブレムを装着しようと
思い立ったわけです。

InTEGRAは当時、アメリカにおいてACURAブランドのエントリーカーとして
売られていました。そのアメリカでは日本のデカールではなくエンブレムが
奢られていたのを知っていましたので、こちらを手に入れ装着しました。

そうなると、グレード表記がデカールのままではバランスが悪いので
そのデカールは剥がしてしまう訳ですが、何とも寂しいので色々考えてみると
同じグレード名の他車があるのを思い出しました。

それは、プジョーの306。
306のXSiというグレードのエンブレムを着ければ良いというのは分かったのですが、
さて、どうやって手に入れようか?
ホンダ車ならパーツリストで調べもつきますが、プジョーなんぞとのつながりがありません。

そこで、プジョーのオーナーサイト、クラブサイトを徘徊し、その中のフレンチブルーパークさん
にてパーツナンバーを調べていただき、近所のブルーライオンにて発注いたしました。

これが又、流用とは思えないバランスの良さでして、かなり気に入ってました。
こう考えると、僕はエンブレムフェチなのかも(^_^;;)


エンブレム [Car]

 DB、DCインテグラをご存知の方であれば、
 この型のインテグラにはエンブレムの類が
 一切付いていないのをご存知だと思います。
 唯一、リアバンパーに"InTEGRA"と型押し?
 されているのみ。
 
 Type-Rであれば、Type-Rのステッカー
 貼られていますが、それ以外のグレードには
 一切そういうものが貼られていません。
 
 それがいい人もいるのでしょうが、個人的には
 リアが殺風景なので、CF4の"SiR-T"の
 エンブレムを流用しています。

 SiRだとシルバーだが、SiR-Tは深紅の色が
 スポーティーさを表しているように思えたのと黒に赤というのはなかなかスパルタンなのでこのエンブレムにしています。

 僕のインテはSiR-Gなので、"-T"の部分は切り取っています。我ながら中々似合っていると思う。


今回の燃費18 [Car]

今回の燃費17
10.6km/L

9.2km/L

ま、今回は「いつもより多く回しております~」状態でしたので・・・(^_^;;

最高燃費 12.1km/L
最低燃費 8.3km/L
平均燃費 10.0km/L


好きなアングル [Car]

あぁ、なんて凛々しいのだろう、なんてスッキリとしているんだろう。

ただの親バカ、ならぬ、オーナーバカ?
いーんですよ、周りからは「何であんな車が良いんだ?」と言われたり、「レア好き」と言われても。
僕さえ分かれば良いんです。コイツの良さを分かってやれるのは、きっと僕だけですよ。

駐車場に停めても、何度も何度も振り返っては『ニタ〜ッ』としてしまいます。
そんなこいつのオキニのアングル。それは左右45度位から見たところ。
あぁ、もう・・・

キット、皆さんも愛車の「アングル」ありますよね。


B・A・R HONDAの次戦使用エンジン [Car]

どうやら、サンマリノGPで使ったエンジンを使用しなければならない模様。http://response.jp/issue/2005/0526/article71040_1.html

もし、これが本当なら、グリッド降格ペナルティ覚悟で載せ換えした方が良いような。
ん~、ホントかな?

1ヶ月前から火を入れてない、しかも1レース使用のエンジンを使わせるというのは
ちょっと酷だなぁ・・・


雨の日には車をみがいて [Car]

先週末、梅雨前にキッチリと洗車をしようと思い立ち、土曜の午前中に近くのホームセンターで
シャンプー、水アカ取り、コーティング剤を買ってきた。

さっそく、シャンプーでボディの汚れを落とす。
次に水アカ取り、久しぶりの作業の為か結構な時間がかかってしまい、くじけそうになるが、
気を取り直してコーティングの作業を開始した。
一部分塗っては拭きあげ、塗っては拭きあげという作業を何十回と繰り返し、作業が終わった
のは午後5時を過ぎたくらいだった。

夕陽に照らされ、艶かしい光を放つ黒い楔形のボディを見て、僕は一人ニンマリとし、一服した。

日曜日も良い天気。買物に街へ向かう時、道路脇のビルのガラスに映りこむインテグラを見ては
ニンマリとしていたのだ。
しかし、その日の夜に雨が降り始めてしまった。朝には雨もやみ、既にボディには汚れが見える
ようになっていた。前日までのあの妖艶な輝きは無い。

そして、昨日、昼間は汗ばむくらいの良い天気だったのに、帰る頃には結構な量の雨が降って
いた。会社を出て駐車場まで走り、急いで車に乗り込んだ。

キーを回し、シートベルトをかけ、おもむろにワイパーを動かす。
僕の視界に飛び込んだのはボンネットの上で踊る水滴。小さな水滴がだんだん大きくなり、
やがて滑り落ちていく。このさまを見て僕は心底「洗車をしておいて良かったな」と感じた。

駐車場を出て、しばらく走り、幹線道路へ出る。流れに乗り走っていると風圧でボンネットの
水滴がどんどんと流れていった。
雨は嫌いじゃない、いや、むしろ好きだ。でも洗車後間もなく降られる雨は恨めしかった。
でもこれを見ていたら「それも悪くない」と感じることが出来た。

 雨の日には車をみがいて
 作者: 五木 寛之
 出版社/メーカー: 集英社
 発売日: 1998/05
 メディア: 文庫




そんなことを考えていた時、そういえば、こんな本があったよなぁと思い出した一冊。
当時高校生の僕には遠い世界のような話だったけど。
「車は雨の日にこそみがくんだわ」
という台詞が今でも心に残っています。

でも、雨の日より、「雨降る前」にみがいた方が良いよ。


今回の燃費17 [Car]

今回の燃費13~16
今回の燃費16
10.6km/L


10.8km/L

一体、どうして急に伸びてるんだろうか?要因が思いつかない。
嬉しいやら、気持ち悪いやら。

最高燃費 12.1km/L
最低燃費 8.3km/L
平均燃費 10.0km/L


ここはモナコ。モンテカルロ、絶対に抜けない!!! [Car]

いよいよ、モナコGPが始まったが、HONDAのいないモナコ、今ひとつ盛り上がらない。
モナコといえば1992年の名勝負、リアクティブサスペンションを搭載したウィリアムズのN・マンセルと、マクラーレンのA・セナの名勝負でしょう。

では、'92モナコGP、実況はフジテレビの三宅アナ、解説の今宮サン、津川サン、
ピットリポートの川井チャンの緊張感溢れる絡みを堪能下さい。

続きを読む


Spoon Street [Car]

beansさんの記事にTBです。

マフラー
受注生産状態から1ヶ月半待ったOVER Racing製デュアルテールマフラーが遂に完成。
外から全く見えないノーマルとは違いHGTリアバンパーのアウトレットを利用した設計
オーバルカッターは自然な収まりで"いかにも換えてます"感のないさり気なさが光る逸品。

僕のインテグラ、買う前からサスペンション、給排気の交換はデフォルトと考えていました。
特にマフラーについては結構悩みましたが、砲弾型や口径のデカい派手目なヤツは遠慮したい
ということと、個人的にはこのインテに砲弾型は似合わない、普通のタイコのほうが似合うと
考え、SpoonStreetに決定しました。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。