So-net無料ブログ作成

父親って [Children]

僕は自分の子達にとって良い父親だろうか?
最近、そんなことをよく考えるようになった。

僕の父親は観光バスの運転手だったので休みの日が平日だったし、
仕事上4,5日家を開けることもザラだったので殆ど遊んでもらった記憶はない。
ほんとに、極稀にキャッチボールをしたぐらいしか記憶がない。
それに、父兄参観等の学校の行事にも顔を出したことなど皆無だった。
朝出て行くのも僕が寝ている頃に出て行くし、帰りも僕が眠った後、という事が
多く、週の半分以上は顔を会わせることなく過ごしていた。
それに、たまに家にいる時に限って母と夫婦喧嘩をしていたり・・・

こういう場面だけを見て育ってしまったので、子供心にもこういうオトナにはなるまいと
思ったことを覚えている。

※まぁ、今では親父とも普通に接することもできているし、僕の子達も可愛がってくれているのだけど。

自分がそういう経験をしてきたので、僕は極力(というか、殆ど)父兄参観には
出席し、休みの日には子供と遊んであげるようにしているが、こんなことで
果たして子供達の目には良き父親として映っているのだろうか?
日常生活の場面でも数多く接してあげるようにしてはいるが、構いすぎかもしれない。

男親たるもの、細かい事には首を突っ込まず、必要な時に必要な事をするのが理想なのか?

いったいナニをもってしてよき父親といえるのか?

さっぱりわからなくなってくる。


子供と虫捕り [Children]

久々に仕事を忘れた休日となりました。

前にも書いたようにウチの長男Sはムシが大好きで、去年も僕は彼に請われて
夏は虫捕りに明け暮れていました。
その時に捕ったコクワガタは2匹が越冬に成功し、5月下旬くらいからモゾモゾと
ケースの中で活動をしていました。

それを見たSは、6月初旬くらいから
「パパ、そろそろクワガタもいるんじゃない???」
『ん~、そうだね、でも、もうちょっと先かなぁ?」
と言っていたのですが、
さすがにここ数日は、暑い日が続いたので、
「パパ、そろそろクワガタもいるんじゃない???」
「虫捕りに行こうよ!」
と言われたので、
『そろそろ、いるかもね。でも、いなくてもガッカリしちゃダメだよ』と
伝え、虫捕りに行くことにしました。

続きを読む


ナニカミキリ? [Children]

「パパーちょっと来て、来て〜」と呼ばれて外へ出てみる。
Sが何かの虫を捕まえている。
「これ、なんのムシ〜」(それを言うなら、「これ、何て言うムシ〜」でしょ。)
というのでSの手に乗っている虫を覗き込んでみると、

続きを読む


風・桜・青空 [Children]

今日(昨日か)は朝から歩いて近くの公園へ。

ちょっと風が冷たかったけど、とってもいい天気。
桜を見て子供達も「キレイだねー」と目を輝かせています。
そこへファーッと風が吹くと桜の花びらが風に舞い、子供達はそれをみては「スゴーイ!」
と、花吹雪に大はしゃぎ。ほんと綺麗だ。

綺麗なものを綺麗と、本物を本物として感じる心を大事にしていきたいね。


子供と喫茶店 [Children]

僕がまだ子供の頃、母は買い物の途中や買い物の帰りに喫茶店へ連れて行ってくれた。
母はそこで食べるワッフルとコーヒーが楽しみのようだった。子供心にも喫茶店へ行くのはかなりのドキドキ感が
あったような気がしている。

そして昨日、ウチの長男Sと僕とで海辺の喫茶店に行ってきた。

事の発端は、下の子が風邪で寝込んでしまい、上の子が暇を持て余してるようで可哀相だったので、
下の子をカミサンに任せ、上の子を連れ出したのだ。

マックやファミレスへは一緒に行った事があるけど、喫茶店は初めて。
Sはハムサンド(勿論マスタード抜き)+レモンティー。僕はホット・ハムエッグサンド+コーヒー。
注文した品が運ばれてくるとSは大はしゃぎ。
「おいしいね、おいしいね」の連発だ。(^_^;;)
最後には、「こんな美味しいティー(注)は初めて飲んだよ〜。」って。

あはは、そっかそっか、こういう紅茶は飲ませた事なかったね。
「お家に帰ればこういうのは作れるよ」と言うと、
「飲むぅ!」
食べ終えた後は幼稚園のコト、響鬼、ナルトと取り留めのない話をし、しばらくしたところで
「じゃ、帰ろっか?」と言うとSは「又来ようね!」
ウン、又来ようね。

パパとこういうところに来た事、忘れないでほしいな。

(注)ティー:ウチの子達は午後の紅茶ストレートを「赤ティー」、レモンティーを「黄色ティー」、
       ミルクティーを「白」と呼んでいる。

ちょっと色々とあり、精神的にダウンしておりました。ボチボチ復活していければと思います。


春休みの思い出になったかな [Children]

子供の春休みが今日までなので、今週頭に有給休暇を取り、子供達を連れちょっと遠出。
風は冷たかったけど、結構楽しんでくれたみたいで良かった
(写真だらけなので見てみたい人だけクリック!)

続きを読む


幼稚園、入園の思い出 [Children]

ゆきっぺサンの記事にTB。ウンウンそうなんですよね。

ママをゆるして・・・
保育園の前で「イヤイヤ」と立ったまま動かない・・・
やっとのことで園の中に入ったけど、
いざみんなが集まってる部屋へ連れて行こうとすると、
泣きそうな声で
「○○○(自分の名前)泣くよ~。ママも一緒がいいよ~」って・・・
私も思わず泣きそうになってしまったけど、
ここは心を鬼にしてむりやり連れていったら号泣・・・
ずっと泣き声が響いてた。
ほんとごめんねえ~ママをゆるしてね・・・

僕の長男Sはホントに激しく人見知りでママっ子で、臆病で、何をやるにも自信を持てないタイプでした。
このままではいけないと思い、僕とカミサンは年少から幼稚園に通わせることに決めました。

続きを読む


あいさつはいつでも [Children]

挨拶はしないよりしたほうが良いとは思うんだけど、ウチの長男(5歳)の場合、やりすぎでは?
と思うこともしばしば。

近所で遊んでいれば、道行く人に「こんにちはー!」
郵便屋サンにも「こんにちはー!」
コンビニでも「ペッタンして下さーい。」(買った物を袋に入れず、店のテープを貼ってもらうこと)
「ありがとー」おい、声でかすぎ。

続きを読む


お散歩日和 [Children]

今日は朝からとっても気持ち良い天気でしたので、午前中のうちに買い物や用事を済ませ、昼食の後は子供達と近所をお散歩。

道路をズンズン、ズンズン歩いていきます。兄妹なぜか同じようなポーズで歩いています。
さんざん寄り道、散歩して着いた所には・・・

続きを読む


ねんねだよ、ちびかいじゅう! [Children]

子供の寝かしつけに悩まされているお父さん、お母さんへ。

図書館で見つけた本です。最初の数ページは何だろ?と思いつつも読み進むうちにニヤリとさせられます。
確かに、お父さんの視点から見れば寝かそうと思ってもなかなか寝てくれない子供は「ちびかいじゅう!」。
寝かしつけの苦労は万国共通なんですね。歯磨き、絵本を読むシーンなんて、ウチと同じだ!と共感してしまいました。
そして、最後、ネタばれになりますが、

「おやすみ、パパかいじゅう」と子供からパパを見た視点に変わります。やられた。そうなるとは思っていませんでした。

子供の寝かしつけに悩まされているお父さん、お母さんへお薦めの1冊です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。